当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

ビューティ

加圧シャツは太る?効果なし?デメリットとおすすめな点を徹底解説

加圧シャツは太る、効果なしという噂を聞いたことはありませんか?
本当に加圧シャツを着て太るのなら、その原因を知った上で正しく着用することが大切です。

そこで今回は、「加圧シャツ太る」といわれる原因やその効果などを徹底調査しました。
加圧シャツの選び方もご紹介しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

記事のポイント

  • 加圧シャツが太ると言われているのは着ただけで効果があるという思い込みが原因
  • 加圧シャツの効果を過信しすぎると逆に太る
  • 加圧シャツには筋トレ効果アップ、姿勢矯正などの効果がある
  • 加圧シャツには汗をかきやすいなどのデメリットがある
  • 加圧シャツが太るというのは間違い。ただし着るだけでは痩せる効果はない

【太る?】加圧シャツの効果を解説

そもそも加圧シャツとはどのような衣服なのかよく知らず、「なんとなく効果がありそう」という理由だけで着ている人は多いです。

まずは、加圧シャツの効果やコンプレッションシャツとの違いから解説します。

加圧シャツの効果は何か?

加圧シャツは、着用することで体に負荷を与える効果があるウェアです。
体に負荷をかけることによって、トレーニング効果の向上をはじめ、様々な嬉しい効果が期待できます。
素材には、スパンデックスと呼ばれるゴムのように伸縮性のあるポリウレタンを採用しているケースが多いです。

そのため、着用すると圧力がかかって体が締め付けられる感覚があります。

着圧シャツ・コンプレッションシャツの効果の違い

コンプレッションシャツも加圧シャツと同じように伸縮性の高いウェアです。
似ているウェアですが、双方の効果の大きな違いは圧力の強さです。

コンプレッションシャツは加圧シャツに比べると、緩い圧力で筋肉の動きをサポートします。
トレーニング効果はやや落ちてしまいますが、パフォーマンスの向上や疲労軽減といった効果に期待できます。

反対に加圧シャツは圧力が強いので、より効果的なトレーニング効果を得たい場合におすすめです。

加圧シャツのおすすめはコレ

率直に言ってしまえば、安物の加圧シャツはそれなりのものです。
十分な圧力が加えられないため、トレーニングの際の効果も、まあそれなり。
おすすめはスパンテックスを使ったSIX-CHANGEです。

SIX-CHANGE

トレーニングだけでなく日常的な動作の際も圧力がかかるので引き締まった体にしたい方におすすめ。
体形の引き締めもしてくれるので、着るだけでスタイルアップも可能です。

▼10日間お試し返金保証

SIX-CHANGE公式サイトで詳細を見る

※口コミで話題

返金保証があるので、加圧シャツがどんなものか試してみたい方にもおすすめです。
色違いもアリ。

加圧シャツに太る理由はない!

ここまで見てきたように、加圧シャツは圧力がかかって締め付けられるシャツです。
ただのシャツでしかありませんから、普通に考えると、太る原因にはなりません。

しかし、一部には加圧シャツは太るという意見もあるようです。
その理由を解説しましょう。

加圧シャツ太るといわれる原因は何か?

加圧シャツを着る理由は、痩せる効果を期待している人が大半です。

しかし、加圧シャツを着ても痩せず、逆に太ってしまうケースも少なからず存在します。

トレーニング効果や基礎代謝の向上に期待できるウェアでありながら、太るといわれる理由は以下のとおりです。

加圧シャツを着ているだけで何もしなければ痩せない(むしろ太る)

加圧シャツは着ていれば痩せるというウェアではありません。
そもそも加圧シャツはトレーニング効果の向上を目的にしたウェアです。

そのため、加圧シャツの効果が一番発揮されるのは運動や筋トレ時であり、ただ着るだけでは効率よく痩せることはできません。

確かに、加圧シャツは上半身を締め付けて動きに制限をかけるので、ただ着ているだけでも体に一定の負荷がかかります。
それによって消費カロリーが通常時よりも多少増える可能性があります。

しかし、それ以上に摂取カロリーが大きく上回るようであれば、ただ加圧シャツを着ているだけでは痩せず、逆に太ってしまうというわけです。
要するに加圧シャツを着て何もしなければ、逆に太る可能性すらあるのです。

あくまで加圧シャツはトレーニングの効果を高める役割である事に注意しましょう。

加圧シャツに食べ過ぎ予防の効果は期待できない

加圧シャツを着れば腹部が締め付けられるので、太る原因の食べ過ぎの防止効果に期待する人もいます。
しかし、実際には食べ過ぎ予防の効果に対しては、あまり期待できません。

食べ過ぎを予防するためには、お腹周りにそれなりの圧力をかける必要があります。
加圧シャツの圧力の強さはスパンデックスの配合率で左右され、配合率が高いシャツほど上半身への締め付けが強くなり、胃の圧迫感も強くなります。
そのため、配合率5%や10%では、食べ過ぎを予防できるほどの効果は期待できません。

加圧シャツで食事量を制限するには、少なくとも配合率17%以上は必要といわれています。
また、元々大食いの人は腹部の締め付けを感じやすく、食事量が減る影響を受けやすい傾向にあります。
反対に食事量が一般並み、または小食の人は加圧シャツを着て食事をしても、お腹周りがきついと感じることが少ないので、過度に食事量を減らす効果には期待できません。

加圧シャツで食べ過ぎを予防できる効果があるかは、商品ごとの圧力の強さと個人の体型や普段の食事量によります。

加圧シャツの効果を過信しすぎるのが太る原因になる

上記のように加圧シャツには一定の効果がありますが、これを過信しすぎると太る原因になります。

要するに加圧シャツで代謝が上がったとしても大食いをしていては、当然ながら太ります。
着るだけ痩せるわけではないのです。

加圧シャツで太るのを避けるためには、食事制限や筋トレ、運動などダイエットに向けた努力が必要になります。
油断は禁物です。


>>【口コミで人気】加圧シャツ・シックスチェンジ

加圧シャツならではのデメリット

加圧シャツは着ただけでは痩せられないこと以外にも、様々なデメリットがあります。

具体的にどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

体温がこもり汗をかきやすい

体にフィットする加圧シャツは体温がこもりやすい傾向にあります。
また、筋肉に負荷がかかるので、その分、汗をかきやすいことがデメリットです。

元々汗をかきやすい人や汗で肌がかぶれやすい人は注意が必要です。
汗をあまりかきたくない人は、通気性や吸汗速乾機能を持つ加圧シャツを選びましょう。

加圧シャツは着脱が少し面倒

加圧シャツは圧力がかかる分、普通のシャツと比べて着脱に時間がかかりやすいです。
すぐに着てトレーニングをしたい人にはストレスに感じる可能性があります。

また、着脱が面倒だから買っても着なくなる、またはトレーニング自体もやらなくなるケースもあります。
面倒くさがりの人は、着脱に時間がかかることを考慮して購入を検討してください。

加圧シャツは効果の代わりに圧迫がキツイと感じる場合もある

圧迫されて息苦しさを感じ、着用するのを止めてしまうケースもあります。
特に加圧シャツを着始めた時点は、圧迫感に慣れず違和感や苦しさがあるという人が大半です。

また、無理に長時間着ると体調不良や集中力の欠如などが起きる可能性があります。
慣れないうちは加圧の弱いシャツから着始める、長時間の着用を避けるなど工夫していきましょう。

加圧シャツはお手入れが面倒

洗濯機を使って加圧シャツを洗うと加圧効果が弱まってしまうため、手洗いが基本です。
(※製品にもよります)

しかし、毎日手洗いしなければならないことを面倒と感じる人は少なくありません。
お手入れが面倒だと着ること自体が面倒に感じ、次第に着なくなってしまう可能性があります。

どうしても洗うのが面倒、忙しくて丁寧に洗う時間がない時は加圧シャツをネットに入れて洗濯をしましょう。
洗濯ネットに入れることで加圧シャツへのダメージが減り、加圧効果を弱めずに洗うことができます。

ただし、毎回洗濯機で洗うと消耗が激しくなるので、手洗いができない時に限定するのがおすすめです。

加圧シャツ太る?痩せる?気になる効果を解説

加圧シャツ太るのか、それとも痩せるのか、具体的な効果が気になっている人は多いです。

ここで、具体的にどのような効果に期待できるのか見ていきましょう。

筋トレ効果がアップする

加圧シャツは半身が締め付けられるので体の動きに制限がかかり、大きな負荷をかけることができ、筋トレ効果のアップに期待できます。
同じ筋トレメニューでも、着用していない時と着用している時では終わった後のトレーニングの効き具合も変わってくるはずです。

この点から見ても、加圧シャツがと太るというのはあり得ないと言えます。

加圧シャツには姿勢矯正効果が期待できる

姿勢の矯正効果にも期待できるので、背筋が曲がった猫背の人にもおすすめです。

加圧シャツを着ると背中が引っ張られるため、曲がった背筋が伸びて正しい位置に矯正されます。
背中が引っ張られる感覚に慣れていくと、自然と正しい姿勢を維持できるようになるのです。

猫背の人はお腹周りの力が入りにくく、それにより腹筋が使われないことで筋力が弱まり、次第に太りやすい体質になる傾向があります。

しかし、加圧シャツにより良い姿勢を保てるようになれば、太りにくい体づくりが可能です。
姿勢が矯正されるメリットがあるので、痩せることはあっても太るという事はないでしょう。

基礎代謝や新陳代謝が向上する

加圧シャツにより姿勢が矯正されると、体内に入る酸素量が増加します。
体内の酸素量が増加すると血行が良くなり、基礎代謝や新陳代謝のアップに期待できます。

太る体質の方でも基礎代謝が上がれば、当然、痩せやすくなります。

また、基礎代謝や新陳代謝が向上すると、免疫力がアップするので健康的な体の維持につなげることが可能です。
さらに血行が良くなれば酸素や栄養が全身にしっかり行き渡るので、髪につやが出る、肌のオーバーターンが良くなり肌荒れしにくくなるなど、美容効果にも期待できます。

この点からも加圧シャツが太るというのはあり得ない事が分かります。
さらに、余分な水分や老廃物の排出が促されるのでむくみにくくなり、冷え性も改善されるので、結果的に太りにくい体質になることもメリットです。

加圧シャツには着やせ効果もある

インナーとして着用することで、着やせ効果にも期待できます。

加圧シャツは上半身を引き締めてくれるので、ぽっこりしたお腹や背中のぜい肉などをカバーすることが可能です。
それにより、体のラインがはっきり出る服やスーツ姿もすっきりと着こなすことができます。

軽い着やせ効果があるので、服を綺麗に着こなしたい時に着用するのもおすすめです。

ただし、着やせ効果を過信しないように注意が必要です。
加圧シャツは確かに着やせ効果がありますが、実際に痩せているわけではないので食生活を油断すると太る原因になります。
要するに痩せて見えるからといって、油断して運動をやめたり、暴食すると太る事になります。

効果的な加圧シャツを選ぶポイント

一口に加圧シャツといっても、様々な商品があり、その中から自分に合った商品を選ぶ必要があります。

適当に選んでしまうと、期待できる効果を得られない可能性があるので、加圧シャツの選び方を確認しておきましょう。

スパンデックスの割合をチェックする

まずチェックしたいのは、加圧シャツの素材であるスパンデックスの配合割合です。
先に述べたとおり、伸縮素材であるスパンデックスの配合率が高いシャツほど圧力が強く、高いトレーニング効果に期待できます。

ただし、圧力が強いほど締め付けによる息苦しさも感じやすくなる点に注意が必要です。

スパンデックスの配合率は10%以上になると中程度の締め付け感があるので、ダイエットを目的に日常的に着用したい人に適しています。
筋トレでしっかり効果を出したい人は、さらに圧力の強い15%以上が適しています。
加圧シャツを初めて着るのであれば、体調を考慮して慣れないうちは配合率の低いものを着用し、慣れてきたら割合の高いものを着るのがおすすめです。

加圧以外の機能性、効果も確認しておく

加圧以外にどのような機能が備わっているのか確認することも大切です。
例えば、加圧シャツに通気性や吸汗速乾機能があれば、長時間着用していても蒸れにくく、汗をかいてもベタベタせず快適な着心地が保たれます。

また、保温機能があれば、冬場に防寒用のインナーとして使うことが可能です。
他にも抗菌・防臭機能のある加圧シャツであれば、汗による細菌の増殖や不快なニオイを抑える効果があり、衛生面でメリットがあります。

さらにも生地が薄いものだと着脱を繰り返す中で破けてしまい、使える期間も短くなってしまうので生地の耐久性もチェックしておきましょう。

加圧シャツの効果を過信すると太る原因になる!

今回は加圧シャツの特徴から期待できる効果や太る原因などについてご紹介しました。

ポイントは以下の通りです。

  • 加圧シャツを着ると太るというのは間違い
  • 加圧シャツの効果を過信すると太る場合がある
  • 加圧シャツは運動と筋トレの効果を上げる
  • 運動や筋トレの効果を効率的に引き出せる
  • 着るだけで痩せる道具ではない

加圧シャツをただ着るだけでは痩せず、逆に太るケースもありますが、運動や筋トレの際に着ることでダイエット効果を高められます。


>>【口コミで人気】加圧シャツ・シックスチェンジ

さらに姿勢矯正の効果にも期待できるので、正しい姿勢をキープできるようになり、結果的に痩せやすい体づくりにつながります。
加圧シャツを着用するのであれば、圧力の大きさに関わるスパンデックスの割合や他の機能性にも注目して選ぶことがポイントです。

効果や太る原因を理解した上で自分の目的に合わせた加圧シャツを選び、日常生活やトレーニング時に取り入れてみてください。

-ビューティ