当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

ビューティ

高校生で髪を染めるメリットとデメリット!ヘアカラーと注意点を徹底解説

高校生になり髪を染めることを考えている人は多いと思います。

そこで今回は高校生にスポットを当てて、ヘアカラーに関するトピックスを紹介していきます。

初めて髪を染める上での注意点や、バレにくい色の紹介など、ヘアカラーに挑戦しようと考えている人にぴったりの内容ばかりですので、ぜひ最後までご覧ください。

記事のポイント

  • 高校生で髪を染める割合は24%程度
  • 髪を染めるメリットとデメリット
  • 高校生で髪を染めるケースでもバレない色は?
  • 高校生が髪を染める時の注意点

高校生で髪を染めるのは早い?

結論から言いますと、高校生で初めて髪を染める人の割合は約6割ほどであり、かなり多いと言えます。

美容室の口コミサイト「ヘアログ」を運営する株式会社ノーマリズムが行ったヘアカラーに関するアンケートでは、はじめてヘアカラーをした年齢は「18~19歳(高校3年~大学1年生)」が42%で最多であり、次に「15~17歳(高校1~2年)」が24%、「20~24歳(20代前半)」が15%となっています。

この調査結果によれば15〜19歳で初めて髪を染める人の割合は6割ほどあり、高校生の時に初めて髪を染めている人の割合が多いことがわかります。

ただタイミングとして高校卒業や大学入学を機にヘアカラーを始めるケースが多いため、高校在学中に初めて染めた人の割合はもう少し減ると推測できます。

しかし15〜17歳で初めて染めた人の割合が24%であるため、高校在学中に初めて染めた人の割合は少なくとも3割ほどはあると考えられます。

またBeautopiaの調査では2019年から連続して女性がヘアカラーをする割合が増えており、特に10代女性の増加ポイントの伸びが著しいと示されているので、今後も10代中に髪を染める人の割合は増えていくと予想できます。

高校生が髪を染める心理は?

そもそも高校生はなぜ髪を染めるのでしょうか?
その心理をひもといてみましょう。

髪を染める背景には自己表現の欲求が大きく関わっており、特に高校生の時はアイデンティティや社会的な位置づけの確立を求めているため、外見を通じて自分を表現することに意味を見出します。

高校生を中心に髪を染めることは自己表現の手段の一つです。
しかし、その自己表現は二つの方向に向かっています。

髪を染めることで周囲に自分を示す

高校生にとって、どのような自分の一面を周囲に見せるかは重要です。
髪を染めるという行為は自分自身をこんな人間だよと示す行為でもあります。

それと同時に高校生にとって髪を染める事はなりたい自分を周囲に表現する行為でもあります。

現在の自分、こうありたいと思う自分を周囲に示すために高校生は髪を染めると言えます。

髪を染めることで自己像を作り上げる

高校生が髪を染める動機は周囲に見せるためだけではありません。
鏡に映った自分がどのようであるか、どのようでありたいか、を変えるために髪を染めるという一面があります。

高校生が髪を染めるのはアイデンティティの確立のためでもある

いずれにせよ高校生が髪を染めるのはアイデンティティの形成のためであると言えます。
特に高校生の時期は自身を確立する大事な時期でもあります。
自分がどうありたいか、ありたい自分を周囲、そして何より自分自身に見せるために髪を染めるのだとも言えます。

高校生で髪を染めるメリットやデメリットとは?

高校生で髪を染めるメリットは以下の通りになります。

  1. 自分に似合う髪色に変えられる
  2. ファッションの一部として楽しむことができる
  3. コンプレックスを補える

また高校生で髪を染めるデメリットは以下の通りになります。

  1. 髪が傷む
  2. 色落ちが早い
  3. 染めたい色が出ない場合がある
  4. 校則違反になる可能性がある

髪を染めるにあたってメリットだけでなく、デメリットの把握も重要になります。

これから各項目についてさらに詳しく解説していくので、髪を染めようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

高校生で髪を染めるメリット① 自分に似合う髪色に変えられる

日本人の多くは黒髪ですが、黒が似合わない方も多いです。

例えば日本人の肌はベージュよりも赤みが強い「オークル」と「ピンク」、目の色は「黒」と「茶色」で分けることができ、「オークル」と「茶色」の組み合わせの人はレッド系の明るい髪色の方が似合うとされています。

このように本来自分の似合う色、または自分が好きな色に変えられることが、髪を染める上での一番のメリットになります。

高校生で髪を染めるメリット② ファッションの一部として楽しむことができる

ファッションやオシャレの一環として髪色を変えることで、自分自身のイメージチェンジや個性的な印象を与えることができます。

またインナーカラーやグラデーションカラーなどのデザインカラー等の流行を取り入れることによって、自身のファッションにトレンド要素を入れることも可能です。

高校生で髪を染めるメリット③ コンプレックスを補える

トップのボリュームがない、髪が重く見える、ツヤがないなどのコンプレックスを、髪を染めることで視覚的に解消することができます。

さらに金髪や明るい髪色は活発的で個性的な印象を与える一方で、黒髪や暗めの茶色は真面目や落ち着いているという印象を与えやすい効果があるので、髪色を変えることによって自身の理想像に近づくきっかけにもなります。

高校生で髪を染めるデメリット① 髪が傷む

髪を染めることは間違いなく髪にダメージを与えます。
特に染料を使用すると、髪の内部の色素を除去し、髪に大きなダメージを与えることがあります。

対策としては髪を染める前後のケアは非常に重要になります。適切なケアを行うことで、髪のダメージを最小限に抑えることができます。

また美容室で染める際は、美容師と相談し、自分の髪質や希望に合ったカラー剤を選ぶことが大切です。

高校生で髪を染めるデメリット② 色落ちが早い

髪染め剤は髪の毛の表面に染料を付着させますが、洗髪や摩擦により色落ちが早くなることがあります。

色が落ちる度合いは個人差があり、人よりも色落ちが速い人は髪色の維持や髪の状態のメンテにかなりの費用が掛かってしまうこともあります。

また中途半端に色が落ちてきてしまうと、染めていることがわかりやすくなってしまい、校則によっては違反の措置を取られてしまうきっかけにもなります。

高校生で髪を染めるデメリット③ 染めたい色が出ない場合がある

黒髪から明るい色に染める場合や黄色みを消したい場合など、理想の色が出ないことがあります。

また色を修正する際にも費用がかかり、髪に負担をかけてしまうので、失敗したからといってノーリスクで修正が利かない点にも注意が必要です。

高校生で髪を染めるデメリット④ 校則違反になる可能性がある

「ヘアログ」を運営している会社ノーマリズムが調査した高校生の髪の校則についてのアンケートが示す通り、多くの高校の校則には「学生らしい清潔感のある服装」に関する校則があり、そこには髪型も大いに関係している場合があります。

例えば「髪を染めてはいけない、パーマ禁止、目にかかる前髪禁止」、「染めてはいけない。髪が肩についたら2つ結び。肩をすぎたら1つ結びか三つ編み。結ぶ時は耳より下。」など髪に関する規定は様々ですが、「髪を染めてはいけない」という規定を課している高校はかなり多くあります。

髪を染める行為はその校則に違反する行為であり、高校からの処罰でなんらかのデメリットを受けてしまう可能性があります。

髪を染める際に、自身が通っている高校の校則に「髪を染めてはいけない」と記載されている場合は、きちんとそのデメリットを考慮して行動する必要があります。

高校生で髪を染めてもバレない、校則違反にならない髪色とは?

染め方や染める色によっては「髪を染めている」とバレにくく、校則違反としてバレにくいものもあります。

そこで「高校生で髪を染めてもバレない、校則違反にならない髪色」に重点を置き、以下の通りの染め方、ヘアカラーを紹介します。

  1. インナーカラー
  2. グレーアッシュ
  3. ダークブラウン

どのヘアカラーもおしゃれなものばかりですので、バレないように髪を染めたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

高校生で髪を染めてもバレない、校則違反にならない髪色① インナーカラー

インナーカラーは、髪の内側にベースの髪色とは異なる色を入れるスタイルです。

部分的にブリーチで色を抜いてから好みの色を入れるのが一般的で、入れる位置や範囲、ベースカラーとの組み合わせでデザインの幅が広がります。

SNSなどで人気のあるトレンドスタイルで、色の選び方や入れる位置によって目立たずに楽しむことができます。

インナーカラーは全体の髪色を大きく変えることなく隠すこともできるため、学校生活でも染めた部分を隠しながら楽しむことができます。また休日には明るいインナーカラーを見せることで、印象を変えることが可能です。

ただブリーチを使用するのが一般的であるため、髪のダメージが気になる点や色落ちが早いことがデメリットとして挙げられます。

高校生で髪を染めてもバレない、校則違反にならない髪色② グレーアッシュ

グレーアッシュは灰色や青みを帯びたアッシュ系のヘアカラーです。このカラーは自然な髪色に近く、洗練された印象を与えることができます。

特に地毛風のカラーリングを好む方や、自然な透明感を求める方に適しています。

トーンは7〜8くらいの暗めの色であり、上品な雰囲気が魅力的な定番人気の髪色になります。

メリットとしては弱酸性のカラー剤も多くあるので、髪へのダメージを最小限に抑えることができ、健康的な髪質を保ちながら美しいカラーリングを楽しむことが可能です。

また色落ちが穏やかで明るくなることが多いですが、黒髪に近いため、染めていることがばれにくいのもメリットの一つです。

高校生で髪を染めてもバレない、校則違反にならない髪色③ ダークブラウン

ダークブラウンは自然な色合いでありながら、落ち着いた雰囲気を与えることができる髪色です。

トーンは7〜8くらいでブラックよりも少し明るく、ブラウンよりは黒髪に近いナチュラルカラーであり、地毛っぽく見えるのが大きな特徴です。

ダークブラウンの最大のメリットとしてはナチュラルで地毛に見えるため、学校や職場のルールが厳しい場合にもバレることがなく、染めることが可能な点です。

またブリーチなしで可能なため髪へのダメージを最小限に抑えることができる一方で、光に当たると透明感のあるブラウンが顔を出し、清楚な雰囲気を演出することができます。

さらに色持ちが比較的長いため、頻繁な染め直しの必要が少なく、時間とコストを節約できることも大きな魅力になります。

高校生で初めて髪を染める上での注意点は?

初めて髪を染める場合、以下の注意点があります。

  • アレルギーチェックの実施
  • 前日のシャンプーは優しく

最も重要になるのは「アレルギーチェックの実施」です。

カラー剤によるアレルギー反応を避けるため、美容室でパッチテストを行い、48時間後に皮膚への影響を確認する手順を必ず実施するようにしましょう。

さらにカラー前日のシャンプーは頭皮を傷つけないように優しく洗うことで、カラー剤の刺激を最小限に抑えることができます。

また美容室に行く場合は、希望のカラーを伝える際に雑誌の切り抜きや写真を使用することで具体的なイメージを伝えやすくなります。

言葉だけで伝えるよりも、視覚的な材料を用いることで、美容師との認識のズレを防ぐことができるので、美容室に行く際は準備するようにしましょう。

高校生で夏休みの間だけ髪を染めるのはあり?

長期間高校に行かない夏休みの間、髪を染めようと考えている人もいるかと思います。

確かにタイミングとして夏休みの期間は、髪を染める絶好のチャンスになりますが注意点も存在します。

まず短期間で髪を染める際は、明るすぎない色を選ぶことが重要です。

髪を傷めないように、洗い流せるタイプの染料やエクステ、ウィッグの使用も検討してみるのも有効な手段でしょう。

ただ毛染めを繰り返すとそれだけ髪を傷めやすくなります。

そのせいで髪が染まりすぎるようになり、パサつく髪が余計に明るい印象を与えることもあります。やりすぎないように注意が必要です。

また夏休みに髪を染める際のコツとして、学生には「暗髪カラー」がおすすめです。

暗髪カラーは透明感のある外国人風の髪色や、ナチュラルで失敗しにくい色合いを実現できます。

特におすすめの色は、ダークグレージュ、アッシュブラウン、カーキブラウンです。

これらの色は校則やアルバイトの規定にも適合しやすく、おしゃれで自然な印象を与えます。

【まとめ】高校生で髪を染めるのは早い?

今回は高校生に向けて、髪を染めることに関するトピックスを複数紹介しました。

紹介した内容は以下の通りになります。

  • 高校生で初めて髪を染める人の割合は約6割であり、高校生で髪を染めたことがある人は多くいる。
  • 髪を染める背景には自己表現の欲求が大きく関わっている。
  • 髪を染めることのメリット・デメリットの紹介。
  • 高校生で髪を染めてもバレない、校則違反にならない髪色や染め方の紹介。
  • 初めて髪を染める際は「アレルギーチェックの実施」が重要。
  • 夏休み期間に髪を染める上での注意点やコツを紹介。

髪を染めることは、自己表現の一つとして楽しいものですが、その行動には責任が伴います。校則や社会的な規範を考慮し、自分のスタイルを楽しむことと周囲との調和との適度なバランスを見つけた上で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-ビューティ