当ページに含まれた広告と商品評価について+  当ページには広告リンクが含まれています。当ページ経由で商品・サービスの申込みがあると掲載している提携企業から広告報酬を受け取ることがあります。ただしサイト内のランキングや商品評価は、提携の有無、報酬の有無にかかわらず、プライバシー・ポリシーに基づいて、独自調査と実際に利用したレビューをもとに掲載しています。当サイトで得た収益は、さらに役立つコンテンツを提供するため、品質の向上等に還元しております。  

シークレットシューズ・ブーツ

シークレットブーツはバレる?何cmまでが自然か違和感を徹底調査した結果

シークレットブーツを履くとバレると心配する方は少なくありません。
今回は、バレない方法や、何cmまでが自然なのか、具体的な選び方を徹底調査します。

記事のポイント

  • シークレットブーツがバレる5つの原因
  • シークレットブーツがバレない方法
  • おすすめのシークレットブーツ

シークレットブーツがバレる原因とは?

シークレットブーツがバレる原因としてはいくつか考えられます。

シークレットブーツがバレる原因①急に身長が伸びた

シークレットブーツを履いて急に身長が伸びると、周りからの注目を浴びやすく、バレる可能性が高まります。

シークレットブーツは、通常の靴よりインソールが高くなっているため、身長を急激にアップさせる効果があります。
そのため、急に身長が伸びたように見え、不自然さを感じる人が現れることがあります。

例えば、友達と写真を撮る際に、急に身長が伸びていると違和感を抱かれる可能性があります。

急激な身長の変化に気付いた友人や同僚から質問を受けることもあるかもしれません。

自然な印象を保つために、身長の変化をントロールすることが重要です。
具体的な方法としては、身長UP効果の低いシークレットブーツから履き始める事です。
+5cmくらいからはじめて、+7cm~と少しづつ高いものに挑戦すればバレるリスクは極限まで減ります。

いきなり身長を高く盛ろうとするとバレるリスクは当然高まるのです。

参考シークレットブーツ(メンズ) 20cmで盛るとバレる?

身長にコンプレックスがあるといきなり欲張りたくなり、20cmアップなどにいきなり挑戦したくなります。
しかし、急に身長が高くなるとバレる可能性が高まることは知っておきましょう。

特に友人はあなたと一緒にいる機会が多い人ですから、あなたの身長の高さをなんとなく把握しています。
突然高くなると違和感を感じるのは当然と言えるのです。

特に同じくらいの身長の友人と話す時、シークレットブーツを履くと目線が高くなりますからバレる可能性も高まります。

シークレットブーツがバレる原因②人と並んでしまう

シークレットブーツを履くと、通常よりも背が高く見えるので他人と並ぶとバレるリスクが増えます。
並ぶと当然のことながら、背の高さが比較しやすくなるからです。

やはり急激に身長の見た目を変えるのは避けた方がいいです。
前述のとおり、まずは盛る身長が少ないシークレットブーツで試して、だんだんと高いものに変えていくのがベターです。

シークレットブーツ(5cmアップ)

またシークレットブーツを履いている時は他人と並ぶのを避けるのも対策になります。

シークレットブーツがバレる原因③不自然な歩き方

シークレットブーツは見かけは通常どおりなのですが、インソール部分が高くなっています。

インソール部分

数cmのアップならば、それほど歩きづらさはないのですが、問題は10cm以上アップになった場合です。

図は16cmアップのシークレットブーツです。
かなりインソールが傾斜が厳しいのが分かります。

シークレットブーツはこのように盛る身長が高くなればなるほど、インソールが分厚く、傾斜するようになります。
そのため、どうしても歩きにくく、普段と違う歩き方になってしまいがちなのです。

ハイヒールに慣れている女性なら良いのですが、特に男性はヒールの高い靴に不慣れなので、違和感が出てしまいます。
まずは盛る身長のひくいシークレットブーツから試して、徐々に歩くのに慣れるのがベストです。

シークレットブーツがバレる原因④ズボンの丈、全身のバランスの違和感

普段履いているズボンの丈は通常の靴で調整しています。
そのため、シークレットブーツを履くと、ズボンの丈が短くなってしまい、バレる可能性を高めます。
バレなかったしてもズボンの丈が短い印象を与えるため見栄えもよくありません。
特に数センチアップなら、シビアな問題ではないのですが、十数センチ盛るとなると、ズボンの丈にも注意が必要です。

また、シークレットブーツは脚が長くなりますから、全身に占める脚の割合が増えるという事も理解しておきましょう。
全身が映る鏡でチェックして違和感がなければOKです。

シークレットブーツがバレる原因⑤靴を脱いだ際の違和感

シークレットブーツを脱ぐと当然、身長を盛ることはできません。靴を脱ぐと今まで通りの身長に戻るので、バレるリスクはあります。
また、玄関や居酒屋などで靴を脱いだ場合、インソール部分が高くなっている事に気づれる可能性はあります。
ただし、シークレットシューズほどにはバレるリスクは少ないです。

シークレットシューズは靴のインソールが見えるのに対して、シークレットブーツはインソールが奥の方にあるため見えにくいからです。

参考シークレットシューズばれる?何cmまでならOK?

また、そもそも最近のシークレットブーツはインソール部分の外観も普通と見分けがつかないので特にバレるリスクは高いとは言えません。

シークレットブーツがバレない方法

バレないシークレットブーツの選び方

身長の変化がゆるやかなシークレットブーツを選ぶのがもっともバレにくいです。
具体的には5cm、7cmといった、比較的、盛る身長のすくないシークレットブーツです。

身長アップを欲張りすぎるとそれだけ違和感が増えますからバレる可能性は高まります。

シークレットブーツの老舗店である革靴本舗でも5cm~7cmアップが主流です。

やはりこの程度が実用的であり、バレにくく自然に身長を盛れる範囲と言えるのです。

それ以上になるとバレる可能性は高まりますから、まずは盛る身長のすくないシークレットブーツで試してみるのがおすすめです。
その高さで周囲に違和感なく、溶け込めたら更に高いものにチャレンジしても良いでしょう。

たとえば5cmの身長アップでも見える世界はかなり違いますし、他人に与える印象も異なります。
まずは欲張らない、というのがバレないシークレットブーツ選びのコツです。

バレにくいデザインを選ぶ

シークレットシューズには様々なデザインがあります。
スニーカータイプ、ビジネスシューズタイプなどです。
その中でもシークレットブーツはもっともバレにくいタイプと言えます。

特に靴を脱いだ時、シークレットブーツの場合は靴底が奥の方になるのでバレるリスクはほぼありません。
他方でビジネスシューズやスニーカーは、靴底がすぐ見えますからシークレットブーツと比較するとバレやすいと言えます。

最近のものは品質が高いですからバレる事はほぼないのですが、念には念を入れるならシークレットブーツを選んだ方が賢明です。

シークレットブーツを脱いだらしゃがむ(座る)

シークレットブーツを脱ぐと当然のことながら、身長は低くくなります。
履いている時と履いていない時の身長差を自然にするには、履いていない時はなるべく座る(しゃがむ)ように心がかけることです。

つま先立ちをするという方法もありますが、率直に言えば現実的ではありませんし、その事自体に不自然さがあります。
座っていれば、シークレットブーツを履いて立っていた時とは、そもそも状態が違いますからバレることを回避できます。

シークレットブーツを履いている時と、履いていない時で、姿勢そのもの、状態そのものを変えることです。

安ものは信用しない

安価なシークレットブーツには理由があります。
様々なバレない工夫をはぶいてコストを削減している可能性があるのです。
あまりに高額なシークレットブーツは逆におすすめしませんが、妥当な価格のシークレットブーツを選ぶ方が良いです。

インソールが高すぎるものは購入しない

ご自身の身長に不満がある方は、欲張ってより多くの身長アップのシークレットブーツを購入しがちです。
しかし、そういった製品が主流ではないのには理由があると考えた方がいいです。

具体的には歩きにくい、普段使いしにくい、そしてバレやすいなどです。
歩きにくいと、歩き方が普段と変わるのでバレるリスクは高まります。

シークレットブーツの老舗店などで売っているのは5cm~7cm程度のものです。
なぜならこのくらいがもっとも自然で、バレにくく、歩きやすいからです。

少なくとも最初はあまり欲張りすぎず数センチアップから始めましょう。

ズボンの丈をシークレットブーツ用と通常用に分ける

前述のとおり、シークレットブーツを履くとズボンの丈が短くなりバレるリスクが増えます。
数センチ程度のアップならそれ程シビアな問題ではないのですが、気になる方は通常の靴用のズボンとシークレットブーツ用のズボンを分けるのがおすすめです。
シークレットブーツを履く際は丈が長めのズボン、通常の靴は丈が短めなズボンといった使い分けをするのです。

基本的にシークレットブーツを利用する際は丈が長めのものがおすすめです。
ブーツが隠れて目立ちにくくなるからです。
隠しやすいズボンとしておすすめなのは、スラックス、フレアズボン、ワイドなパンツです。
こういったズボンなら足元をいい感じに隠してくれるのでバレることを防いでくれます。

シークレットブーツは使い分けがおすすめ!

シークレットブーツには5cm~16cmアップと、様々な種類のものがあります。
これらを使い分けるのも賢い使い方です。

普段使いは5cm、7cmといった盛る身長の少ないものが向いています。
違和感も少なくバレにくく、何より歩きやすいため不自然になりません。
インソールの傾斜がすくないので実用性にも優れているのが魅力です。
5cmというと少ないように見えますが、身長160cmなら165cmまで高くなります。
視線が5cm違うだけで気分的にも結構アガるので、5cm、7cmで普段は十分だと言えます。

結婚式や婚活パーティなどのイベントなら10cm以上のシークレットブーツもアリです。
ただし、決して歩きやすくはないので、長時間利用するのは不向きと言えます。
沢山身長が盛れるシークレットブーツは「ここぞ!」という時に使いましょう。

ネ掛けましょう。適切な選び方とコーディネートにより、他人にバレずにシークレットブーツを楽しむことができます。

【まとめ】シークレットブーツがバレる原因と対策

今回はシークレットブーツがバレるケースについて紹介してきました。

シークレットブーツがバレる原因

  1. 急に身長が伸びた
  2. 人と並んでしまう
  3. 不自然な歩き方
  4. ズボンの丈、全身のバランスの違和感
  5. 靴を脱いだ際の違和感

バレないための対策としてはシークレットシューズではなくシークレットブーツを選ぶのがコツです。
また、脱いだら座る、安物は買わない、インソールが高すぎるものは買わない、ズボンの丈を分けるなども重要なポイントです。
特に最初は5cm程度のシークレットブーツから利用をはじめて慣れていけば特にバレることもありません。
いきなり欲張って沢山の身長を盛らないことも大切なのです。

-シークレットシューズ・ブーツ